足立区 Y・Tさん(36歳 男性)

ワンプラスワンに入会する前に、私は大手のテレビCMや電車の中吊り広告で宣伝をされている、結婚相談所に複数年在籍をして活動を行ってきました。

婚活をしている人なら誰でも知っている相談所です。妹が大手の結婚相談所で結婚を決めたので、その影響もあって(割引制度に惹かれて)大手の結婚相談所に入りました。

年齢も35歳を超えており、結婚できずにいる自分や将来に不安と焦りを感じて入会をして熱心に活動を行って来ました。
しかし、活動をして申込をしても断りの連絡が多くて、やっと会えても直ぐに断りの連絡を戴く事が沢山有りました。時々長続きしてもやはり、価値観や性格の不一致で成婚に至る事はありませんでした。
全く縁もゆかりもない無い人と結婚を前提にお付合いを始めて行って交際を継続して行く事は、双方がお互いの立場を客観的に自覚して、結婚願望を強く持って、多少の妥協点を見出しながら活動を続けないと、交際を継続して行くのは難しいのです。
NHKの特集をご覧になった事があるでしょうか。大手の結婚相談所の成婚率は2%~3%と言われています。1000人のカップルがいても成婚まで到達するのは、2人から3人程度までなのです。
それも結婚できている男性はいわゆる3高の人ばかりです。昔も今も時代が変っても、お見合を主体とした結婚相談所活動では、それが女性が男性を選ぶ現実の婚活事情なのです。
お見合で女性が男性を選ぶ基準は昔も今も変らない部分があります。大手の結婚相談所の事務所へ行けば成婚カップルの幸せそうな写真や文章が所狭しと張り出されています。しかし、それは全体数の婚活人数から見れば物凄く少ない人数です。それで毎月1万円近くの会費を徴収されて行きます。

そこで私は大手の結婚相談所を辞めて、地元足立区の結婚相談所に入会をしたのです。

そこで出会ったのが澤井会長です。父親として夫として、一人の男として、会社員としての豊富な経験を基にした会長が運営するワンプラスワンに入会をしたのです。
自宅から近所で様々な相談に乗って戴ける、人生経験豊富な澤井会長の元で婚活を続ける事にしたのです。澤井会長の紹介や勿論メインは自分で申込んでのお見合や婚活パーティに参加をしての活動を行ってきました。
上手く行く時もあれば直ぐに断られる事の繰り返しでした。そこで毎回必ず活動状況の報告を澤井会長にメールや電話で報告をします。そこで落込んでいる自分に対して、いつも澤井会長は豊富な人生経験と婚活のプロとしての意見や激励、適切なアドバイスを惜しみなく下さいました。

私が何度も諦めかけた時も、1年続けて見て婚活疲れで活動が停滞している時も、メールや定期連絡や、直接会いに行っても、いつも様々な経験談を踏まえながら、アドバイスと激励を下さいました。

しかし、その場しのぎの気休めな言葉や安易な言葉掛けはありません。今、自分が置かれている状況を客観的に考える事や現実の自分を見て高望みや無謀な申込みをしていないか、最低限のマナーやルールを守って意識して活動しているかなど、きちんと現実を見据えてのアドバイスを下さいました。

婚活は夢物語ではなく、己の現実と向き合う、己を知る、現在の自分がつまびらかに現実を突き付けられる事になります。でもそれも自分を成長させてくれるものです。
時間とお金が沢山掛かるものでもあります。でも将来一人で居るよりも、二人が良いです。
そこに子供がいれば猶更幸せがあります。
また結婚は自分たちだけが幸せになる事ではなく、親、兄弟姉妹、血縁者、友人、知り合い、同僚など様々な人を幸せにする事でもあります。将来に亘ってお互いを理解した相手がいる事がどれほど幸せかを考えれば、今、ワンプラスワンで婚活をする事は自分の未来の為に価値有るものとなります。

悩んだら、困ったら、行き詰ったら、諦める前に、婚活を辞める前に、澤井会長の居るワンプラスワンへ入会する事をお勧めします。
澤井会長に直接会って話をして下さい。
今の時代は婚活や結婚だけが人生ではありませんが、将来を見据えて下さい。
長い人生を考えて下さい。伴侶や子供もいる人生は独身でいる事と全く違います。
人間の生物としての自然な流れなのです。

自然とは何も抗う物もない状態を言うのです。一人では難しくても、自然な流れをワンプラスワンの澤井会長の力を借りて、成婚へ結びつけて下さい。

私も最後まで往生際が悪く、なかなか決められずにいた結婚ですが、澤井会長を始めとするスタッフの皆さんのお陰で結婚する事ができました。
しかし、結婚は始まりです。その後の生活が大事です。
アフターケアも充実しているワンプラスワンを推薦いたします。

(原文のまま)