今年のカレンダーも残り2枚(又は1枚)になりました。そろそろTVには雪便りが放映される様
になりましたが、お元気にお過しでしょうか。人恋しい季節になりましたね。
今から頑張れば、Xマスや初詣にカップルで楽しむ事は可能です。

諦めずにどうぞお申込とお見合をされる事を心からお勧め致します。
28年1月に入会されたHさん(39歳 高卒 会社員)はご両親とお出でになり、9月まで自ら
は全く活動していませんでした。
9月29日に昵懇の間柄の支部長さんから、Sさん(36歳 高卒 会社員)を紹介されて申込を
受けました。勿論お見合承諾です。
不思議な事に10月10日にMさん(37歳 高卒 歯科助手)から申込を受けましたので、こちら
もお見合承諾しました。2組のお見合の日程調整しましたら、同日になってしまい、午前午後と一
日に2人とのお見合いをしました。人間は動きさえすれば、神様がご褒美を下さるのでしょうか。
Hさんは初めてのお見合なので、結果を心配しておりましたが、お相手のお二人から「交際希望」
のお返事が来て、こちらからもお二人に交際希望のお返事をして、平行交際にはいりました。
交際の先行きは未定ですが、初めてのお見合で同時に二人の方と交際になった方は、私の経験では
最初です。お見合は決して難しい事ではなく、普段の自分を平常通りに見せれば良いと思います。
Hさんは172cm・65kg・年収は400万円で、自己所有のマンションがあります。
 全く普通の方です。Sさんの支部長さんはHさんを「感じの良い方でしたよ」褒めていました。
 多分ニコニコ笑顔で明るく会話したので、好感を持たれたと思います。
交際が始まったので、2週間に1度はご報告を戴き、順調に進んでご成婚迄行かれる事を祈って
おります。(ご報告戴ければ相手の支部長と連絡を取り合って、相手の気持ちもお知らせします

お見合のお話しのついでに、もう少し詳細を書きましょう。
1、ある男性はお見合が決ると、その場所を下見に行っています。(最近は駅構内が変っています)
2、又別の男性は、事前に服装の事、相手との話題について私に質問して来ました。
3、私も上記のHさんに予め注意しておいた事項も有ります。
4、ある男性は支払いについて、友人に相談して割勘にして、お相手から自己負担より少額ですが余計にお金を貰って、一度で「振られました」。相談は友人ではなく私にしましょう。
5、女性に有り勝ちなのは、支払って貰って「おいくらですか」と聞いて、相手にお金を渡して、
後で「あの人はケチだ」と言う人がいます。ご馳走になったら「明るく笑顔でお礼を言いましょう」。そしてお茶代を負担するとか、後日ハンカチを上げましょう。(想い出に残るので喜んでくれて、成婚になった例もあります)
6、お見合当日は携帯を忘れずに持ち、留守電にならないように早く電話に出ましょう。
7、会えない連絡の後、会えたら必ず連絡を下さい。お互いに常識的なルールは守りましょう。