気候はすっかり夏になって来ましたが、時折寒い日がありますので、体調管理にご注意下さい。

お変わりなくお過しの事とお慶び申し上げます。

今月も1組のカップルが誕生しました。5月8日(日)にお揃いでお出で下さいました。

Tさん(60歳再婚女性子2人(成人))とWさん(62歳初婚)です。

TさんはH25年6月入会、25人の方々とお見合をしました。途中で落込んで活動が止まりかかっ

た事もありました。しかし、手を貸しお尻を押して続けた結果、優しい男性に巡り会えました。

Tさんは昨年8月には成婚になりましたが、60歳の相手が、給料を80歳代の母親に渡して、家計を任せている事が判明、話を白紙に戻しました。今回の成婚料は、当然ですが戴きませんでした。

会員期間中には予想しない事が起こります。その解決の為に会員さんが有利になる様尽力しますので、安心して、お気軽にご相談して下さい。

 

さて、ワンプラスワンは区報に毎月広告掲載をして、無料で「婚活セミナー」と婚活の説明を

しております。セミナーでは弊社で成婚した方にご協力戴いて、体験談を語って貰っております。

参加者の皆さんは、当然ですが私の話より、経験者のお話が参考になったと喜んでおられます。

4月の経験者はAさん(男性、当時39歳(2年前))に35歳の女性と成婚)でした。

そのAさんが、「澤井さんの言う注意事項は、糞食らえと思って聞きませんでした。

年齢差は5歳位迄、本人の学歴、家族の学歴は釣合の取れた方、美人ばかりを狙わない等を無視して申込んでいましたが、お見合にはなりませんでした。

駄目な事に早く気付いて、注意事項を守って申込んだら、お見合いにもなり結婚もできました」

と説明していました。傍で聞いていた私は「糞食らえ」を初めて聞いたので大変驚きました。

 

私と会員の皆さんの年齢の差は、親子以上の差が有ります。中には澤井さんは考え方が古いから、言う事を聞いても駄目だ。と思われる方もおられるかも知れません。

聞く耳を持たなくても学校の先生ではないので、採点を評価したり、留年させたり等のペナルティを課す事はありません。

しかし、私は永い人生経験と15年有余の仲人業経験の上でお話ししています。

 総てとは申上げませんが、聞いて戴く方が多分早く成婚になり、結局は得をすると思います。

例えば、高卒の男性が短大卒以上の女性に、普通の方が美人ばかりに申込んでも返事は来ません。

42歳を過ぎた女性が30代の男性に、又は45歳未満の初婚男性に申込んでも返事は来ません。

憧れの方ばかりを選んで申込むのではなく、釣合が取れてお見合を受けてくれそうな優しそうな方を選んで申込むのです。常時話題が豊富になる様に新聞や本を是非読んで下さい。

総てを否定しませんので、美男美女ばかりではなく、幅広くお申込される事をお勧めします。

先ずお見合をして、会って見て人柄を確認して、その先に進む事を考えましょう。

交際期間の3ヶ月ルールは厳守しましょう。期待して延長しても殆んど成婚にはなりません。

飽きず諦めず継続し、チャンスは作りチャンスを掴んで前進する事。マメに連絡する事が成婚へ!