お見合時とデート時の成功する話し方

早いもので本年も12月になってしまいました。お元気にお過しでしょうか。
今回は会話についてお届けしましょう。

会員さんの中にもお見合の都度交際になる方もいます。お見合をする度に断ったり断られたりする方もいます。その差は何故なのでしょうか。相性や性格もあるかも知れません。

話し方に起因している方もおられるかも知れません。
初対面の方とお話しする時に、緊張する事が多いと思いますが、自分が緊張すると相手も緊張してしまいます。緊張して話しかけたら相手も何を言われるのだろうと緊張します。
緊張するなと言っても無理だと思いますが、会話に慣れる事から努力しましょう

それには食事や買い物に行った時に、相手に話しかける事から始めましょう
笑顔で相手を褒める事が第一です。「そんな事出来ないよ」と言っては駄目です。

最初は仲間でも友人でも、家族でも良いです。手始めにお母さんに「今日のご飯美味しいね」

本当はご飯ではなく煮物・焼肉・サラダと具体的に言いましょう

私は14日(土)に練馬区の病院へお見舞いに行きました。駅前で待ち合わせをしている時に、若い美人がティッシュを配っていましたので「寒い中でご苦労様」と言いましたら、そのお嬢さんが私に「センスが良くてお洒落ですね」と言ってくれました。
私は「皆さんに受け取って貰う方法は「どうぞお使い下さい」と笑顔で差し出してご覧」」と言いましたら、満面の笑みを浮かべて「そうですね。有難うございました」と頭を下げてくれました。

街角ですれ違った女性でも、笑顔で道を尋ねれば素直に教えてくれます。

自己紹介のフォーマット  

自己紹介の基本パターンを紹介します。この順序で台本を準備する事をオススメします

  1. 名前の紹介 名前を言う時には、漢字も紹介しましょう。「私の名前は松橋良紀です。
    松ノ木の松に、ブリッジの橋で松橋、良い子の良いに、糸偏に己で良紀です。
  2. 仕事の紹介 職業・仕事はその人がどのような人かを示す大切な要素になります
    「営業をやっています」「事務をやっています」などではなく、興味を引きつけるように、出来るだけ詳しく紹介してみましょう」「仕事はセミナー講師をやっています。心理学をベースにした営業研修がメインです。人見知りでも数時間で変れるとご好評を戴いています」
  3. エピソード 自己紹介の目的は自分について知って貰う事です。
    「独立してからの1年は、引越のアルバイトで食いつなぐ状態でした。時給900円でした、本を出してから時給10万円になりました。
  4. 締め 前向きな期待を述べて自己紹介を締めると、爽やかな印象を与えます
    「今日はいい出会いを楽しみたいと思いますので、宜しくお願いします」

このような流れで、短くてもインパクトのある自己紹介をする事で、人間関係が広がります。しっかり準備をしておきましょう。

「雑談のルール」(出典)「話が面白い人退屈な人」(参考)新聞を読みましょう。

交際期間は3ヶ月です。2ヶ月位で方向性を決めて、お互いの家族に会って最終決断をしましょう。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る