婚活パーティに1000回参加した女性

すっかり夏空になって、気も心も晴れ晴れする日が多くなって来ましたね。
しかし、今年は寒さと暑さが交々に来ていますので、疲れる事が多いと思います。体調管理に充分お気を付け下さいね。

5月19日(日)にA区議候補の出陣式席上で、近藤区長さんから「区報広告でいつも区にご協力戴きまして有難うございます」とご挨拶を戴きました。これからも頑張って続けます。
さて、5月4日民放で「婚活パーティに1000回参加した女性」(Sさんとしましょう)が出ていました。

パーティに出る都度安い衣類を購入していたので、部屋の中は衣類で一杯になっていました。
親が20代で結婚したので、自分も結婚は簡単に出来ると思い込んでいたそうです。
10年も一人住まいで結婚だけを考えていたので、自分磨きはしておらず「お肉」がかなり付いていました。

1000回目のパーティに参加した時は、男女共に十余名おりまして、その中で男性二人に女性十数名のグループが出来ていて、少し強引に話の輪に入ろうとしましたが、中の女性の一人が4人でお話ししましょうと言って、はじき出されてしまいました。

Sさんは一人黙々と食べる事に専念するしかありませんでした。

その後致し方なく結婚相談所に相談に行きました。その時は既に36歳になっていました。

相談所でアンケートに記載したのは「1、タワーマンションに住みたい。2、年収は1000万円以上の方を希望する。3、自分はブスである事は自覚していない。」でした。

相談所の係は、条件から相手を探したら結婚は出来ない。自分はブスであると自覚する事。
相手が自分を理解してくれて、優しくお互いに愛して行かれる方を選ぶ事が優先です。

と諭されて、お相手を選んでお見合を申し込みました。

約1週間後一人の男性とお見合になり、タワーマンションと1000万円は封印していたので、漸く交際に入りました。

その後ジムへ通ってダイエットに励んでいた所を、スタッフのインタビューを受けましたら、

  1. タワーマンションは諦めましたが、ランニングマシンが置ける広い部屋に住みたい。
  2. 年収は1000万円は希望する。

と言っていましたので、果たして交際の結果は実るのでしょうか。

私の考えは、二人で働いて将来どのような家庭を築くのか、夢を話し合う事から始めるべきだと思います。

戸建を購入するのか、マンションを購入するのか、賃貸するのか。場所はどこにするのか。子供が出来たらどうするのか。手持ち資金は?ローンで借りられのはいくらか?

Sさんは自分で努力する事は考慮の外で、相手にだけ求めています。

これで果たして相手が見付かって、結婚生活は順調に行くのでしょうか。?????


交際期間は3ヶ月です。2ヶ月位で方向性を決めて、お互いの家族に会って最終決断をしましょう。
[ご連絡] 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る