明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

 

昨年は良い年をお過しになりましたでしょうか。
本年も良い年でありますようにお祈り申上げます。
本年の目標は立てましたか。目標に向かって威勢よく第一歩を踏み出しましょう。

 

1月4日か5日だったと記憶しておりますが、TVの林先生出演の番組で、就職と職業について、国立大や一流大学を卒業した若者達が懇談しておりました。
タイトルは「やりたい仕事について」全員が仕事はやりたい仕事をやるべきだとの意見でした。

 

早大卒業の男性は、やりたい仕事に就けないからと毎日炬燵に潜っているそうでした。
月収は1200円だったと記憶しております。(パラサイトシングル??)
林先生はそれに対して反論や押し付けがましい事は言いませんでした。
しかし、全員に質問したのは、「世の中でやりたい仕事についてやっている人は何%いるでしょうか」でした。

 

林先生も塾の講師をしたくて始めたのではなく、ひょんな事から偶然始めて頑張っていたら名前が売れて、現在のようになったのだそうです。
要は何に対しても真剣に努力する事です。
途中でやりたい仕事をしたそうですが、見事に失敗して、元の仕事に戻って続けているそうです。
ですから「やりたい仕事」と「出来る仕事」を分けて考えて、先ず出来る仕事を先に始めたらどうですか。と言って理解されて賛同者が過半数になりました。

 

婚活も大変似ていると思います。ベストでなくてもお互いにベターで良しとする。
36歳の大卒で才色兼備の女性に、50歳の高卒の男性が申込んで来たらどうでしょうか。
男性に取ったら「結婚したい女性」なのでしょう。しかし「出来る女性」ではないでしょう。

 

逆に30歳で大学病院の事務員として勤務していた高卒の女性がいました。
本人の希望は医師と結婚したいと某相談所に入会しましたが、高望み過ぎると言われて途中退会して、弊社に入会しました。
私は「条件が違い過ぎるので無理だとは思いますが、申込む枠を広げて活動するのでしたら良いでしょう」と入会して戴きました。
若くてそこそこ美人でしたので、申込まれる事が多くお見合は200人以上と出来ました。
多分「したい人」を夢見て、「出来る人」を見過ごしたり「見下して」いたのでしょう。
そして医師とは1回もお見合は出来ずに、最終的には成婚に至らず退会して行きました。

 

婚活で成功するには、先ず冷静に自分を客観的に評価する事が大事だと思います。そして「結婚したい人」と「結婚できる人」に分類して、自分で枠を作らない事も大事でしょう。
「嫌な人」がいても良いですから、会って嫌だったら遠慮しないで早めにで断りましょう。
お見合の席では楽しそうに振舞いましょう。
相手が「この人は結婚する気持ちがあるのかしら」と思うような態度は止めましょう。
常にその場を明るくする様な雰囲気を作って下さい。
例え「お断りする」と思っても、好感を遺せれば二人とも明るい余韻が残る事でしょう。

 

交際期間は3ヶ月です。2ヶ月位で方向性を決めて、お互いの家族に会って最終決断をしましょう。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る