赤ちゃん誕生からご成婚、終末医療迄を10日で経験

漸く紅葉の気節を迎えましたが、急に寒くなった様な体感ですが、体調にお変わりありませんか。

今年もワクチンが不足しているそうですが、インフルエンザに罹患しないようにご注意下さい。

 

私は10月なって多くの変化や関係者にとって、良い事悪い事を体験しております。

 

  1. ハッカーに乗っ取られて消去されたホームページの再生が終わり、公開する事ができました。どうぞ開いてご覧になってご感想を教えて戴ければ有難いと思っております。お願い致します。
  2. 12日の交換会場で、M支部長から弊社女性会員(Aさん当時38歳)がSさん(当時38歳)と成婚になり子供が生まれたと、スマホの写真を見せてくれました。(嬉しいです)14日にお祝いメールを送りましたら、折り返し4ヶ月の可愛い男児の写真が送られて来ました。Aさんの希望条件は、自宅(都住)の近くに住んで母親と離れたくない事でした。交際当初は結婚するとは思ってもいなかったSさんでしたが、熱心さに負けて結婚し戸建を購入して、母親と同居して育児も手を借りており「念願が叶いました」と喜んでいました。
  3. 本年6月に入会した男性会員Sさん(38歳)が、9月にお見合をしたHさん(35歳)と13日に2度目のデートをして、「こんなに順調に進んで良いのかしらと不安に感じています」と報告をくれました。二人目のお見合で所謂「真剣交際」に入ります。
  4. 本年9月に入会した男性会員Wさん(39才)が、9月にお見合をしたNさん(35歳)と13日に2度目のデートをして、Nさんから「真剣交際」をして戴きたいと意思表示されました。Wさんは後1~2回会ってから決めたいと言って来ました。上記のSさんとWさんは、順調に行けば年内にはご成婚になるかも知れません。
  5. 8月29日号でお知らせしましたYさん(43歳男性)とTさん(38歳)、ご結婚後2度ご来訪戴いてご相談に載りましたが、14日Yさんから協議離婚が成立しました。と報告がありました。
  6. 私事になりますが、近くに住む友人Yさん(80歳)が、肺がんが脳に転移して病院に見放されて、転院させられました。奥さんは10年以上前から脳梗塞で胃瘻をしており、独身のお嬢さん二人で仕事をしながら両親の看病と病院探しをしています。出来れば足立区から遠くなく、両親が一緒に入れる施設か病院を希望して探しています。

 

今新聞紙面やTVで問題になっている介護や介護離職が、身近に現実となっています。

高齢化の社会で誰もが、いつ辿るか判らない現実です。お互いに頼り合える方がいる事が如何に心強いか、元気でいる間に考え対応策を話し合って行きましょう。

 

今回は結婚、赤ちゃん誕生、カップル誕生、離婚、高齢化による親子の困惑と、偶々重なって私も含めて人生の問題点をご紹介しました。

二度ない人生を前向きに、「人生計画を立てて」後悔しないで進めるようにお互いに頑張って生きましょう。人生計画は何歳になってからでも立てて、目標を達成する努力が肝要だと思います。

交際期間は3ヶ月です。2ヶ月位で方向性を決めて、お互いの家族に会って最終決断をしましょう。

 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る