髪のない私 神対応の夫

師走になりご多忙の事と思いますが、風邪など引かずにお元気にお過しの事とお慶び申し上げます。

 

年内にもお見合を頑張っておられる方がいらっしゃいますので、お見合を成功させるにはどうしたら良いか考えて見ましょう。

 

私は12月8日朝刊を見ていて、下記の記事を読んで驚き、涙が湧いて来ました。私は何とつまらない夫であったのだろう。これからはもっと優しくなろうと思い、記事を掲出する事にしました。
お相手選びのご参考にしたり、お相手との会話の題材にして見て下さい。お役に立つと思います。

 

「髪のない私 神対応の夫」 H30年12月8日 読売新聞朝刊 「ぷらざ」より

私は病気を患っている。髪の毛をはじめ、眉毛やまつ毛など総ての毛が無いが、幸せな事に「それでもいい」と言ってくれる夫がいる。
症状で家事が手につかない事があるが、夫は率先して手伝ってくれる。夫は結婚するまで実家で暮らしていて、家事とは無縁だった。
電子レンジの使い方や掃除機のかけ方も知らなくて、結婚当初は驚いたものだ。
だが一から教えると、できるようになった事が嬉しいようで、「楽しいよ」と言って私を支えてくれる。
私の苦手の事は夫が得意で、夫の苦手の事は私が得意と、不思議なほど噛み合っている。
例えば、夫は方向音痴なので、地元の道でも迷いがちなので、私がナビゲートする。
私は車線変更がが怖くて一度も首都高速道路を利用した事が無いが、夫はスイスイと運転して旅行に連れて行ってくれる。
圧倒される程前向きな夫に安心感をもらっている。子供も子煩悩なパパが大好きだ。日常を幸せだと笑いあえる事に感謝している。
髪はないが、私は幸せ者である。(さいたま市・○○めぐみ 41)

 

私の知人K夫人(82歳未亡人)との会話 茶道の先生
2階のマンションに住む若い夫婦の奥さんが、偶々玄関にあった茶道教授の看板を見て、遠慮がちに尋ねたそうです。
「私にもお茶を教えて戴けますか。」「勿論喜んで……」と言って必要な茶道具の話をしたら、早速揃えて来たそうです。
更に驚いた事はご主人も揃って教わりに来たそうです。
そしていざ始めたら、学生時代に柔道をやっていたご主人の所作が誠に綺麗で、見た目が好く感心したと言っていました。
以前私が書きましたが、趣味の同じ人を求める方が多々いらっしゃいますが、同じ趣味を持っていなくても、
結婚後合わせてくれるような優しさを持った異性の方が柔軟性があって良いのではないでしょうか。
優しさを持った方との結婚がご自分の幸せに繫がると思います。

 

お見合相手を検索する時に、女性であれば自分より高身長、高収入、年齢差の無い高学歴の方。
男性なら若くて美人自分の年齢を考えず出産可能な方を選ぶ方が多いですが、選ぶ基準を少し変える事によってお見合相手は数倍から数十倍は増えます。
更にご自分も「私はこの点は少し不足な所もありますが、優しさと相手を大事にする事は人後に落ちない」と自信を持って申込をしましょう。必ず相手は見付かります。

 

交際期間は3ヶ月です。2ヶ月位で方向性を決めて、お互いの家族に会って最終決断をしましょう。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る